上田桃子が日米ノーシードの危機 首位と6打差も逆転Vあきらめない

デイリースポーツ 10月26日(土)21時17分配信

 「マスターズGCレディース・第3日」(26日、マスターズGC=パー72)

第2ラウンドを行い、2位から出た上田桃子は5バーディー、3ボギーの70とスコアを伸ばし、順位は落としたものの、V圏内の5位と踏ん張った。

前半は2番ボギーの直後に3連続バーディーをマーク。後半も13番ボギーの後、連続バーディーを奪い、「ボギーを打っても、しっかりと気持ちを切り替えてプレーできた」と納得の表情。

今季は厳しい戦いが続いている。主戦場の米ツアーは賞金ランク86位、日本ツアーも賞金ランク76位と、ともに賞金シード圏外。プロ3年目の07年以降では初めて日米ともにノーシードに危機に見舞われている。

日本で出場できる試合はこの大会を含めてあと2試合。シードを手にするには最低でも約1100万円は必要なだけに、上位につける今大会で少しでも多く賞金を加算したい。

通算11アンダーで首位を独走する横峯とは6打差あるが、「ティーショットで打ちにくいホールがあるので、そこに注意しながら攻めていければ、まだ全然分からない」と逆転Vはあきらめていない。07年の賞金女王が崖っぷちからの大逆襲を狙っている。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s