池田勇太、怒涛のバーディラッシュで2打差2位タイに浮上!

ーダーズボード

順位 選手名 スコア
1 武藤 俊憲 -16
2 池田 勇太 -14
篠崎 紀夫 -14
4 薗田 峻輔 -13
キム・ヒョンソン -13
6 D・オー -12
7 黄重坤 -11
H・W・リュー -11
9 ハン・リー -10
10 張 棟圭 -9
順位の続きを見る

18番パー5でセカンドショットを放つ池田勇太

18番パー5でセカンドショットを放つ池田勇太(撮影:岩本芳弘)

  • 18番パー5でセカンドショットを放つ池田勇太
  • 5連続バーディを決めグータッチ
  • 9バーディー・ノーボギーの猛チャージ
  • ショットの調子が良かった池田
  • 明日は今シーズン初優勝を狙う

<関西オープンゴルフ選手権競技 3日目◇18日◇泉ヶ丘カントリークラブ(6,929ヤード・パー71)>

大阪府の泉ヶ丘カントリークラブで開催されている、国内男子ツアー「関西オープンゴルフ選手権競技」の3日目。12位タイでスタートした池田勇太が、この日9つスコアを伸ばしトータル14アンダー2位タイに浮上した。

国内シニア「ファンケルクラシック」リーダーズボード

昨日までの鬱憤を晴らすかのようなバーディラッシュだ。1番、4番をバーディとした池田は、7番をバーディとするとそこから11番まで圧巻の5連続バーディ。13番、15番バーディのあと中断はあったものの、気持ちを切らさず9バーディ・ノーボギーで3日目のラウンドを終えた。

予選ラウンドとの違いに「ドライバーも大分いい感じに仕上がってきて、ショットも全体的には悪くない。アイアンも決して悪かった訳ではないし。いいライから打ってそれなりのところにつけれていれば、まぁバーディチャンスには行くわけじゃない? あとはパターでとなるけれど、そこが分かれ道で。それなりにパターが入ってくれたからこんなものかなぁと思います」と池田はコメントした。

勝てば今季初優勝とツアー通算10勝目となる。「まぁ、いいんじゃない? 勝ったことのない関西で10勝目っつうのも。自信? やってみないとわかんねぇな(笑)」2打を追って明日の最終日はスタートする。

武藤俊憲がトータル16アンダー首位をキープ、池田と同じ2位タイには篠崎紀夫、4位タイには薗田峻輔と金亨成(キム・ヒョンソン)(韓国)がつけている。

【3日目の順位】
1位:武藤俊憲(-16)
2位T:池田勇太(-14)
2位T:篠崎紀夫(-14)
4位T:薗田峻輔(-13)
4位T:金亨成(キム・ヒョンソン)(-13)
6位:デービッド・オー(-12)
7位T:黄重坤(ハン・ジュンゴン)(-11)
7位T:リュー・ヒュヌ(-11)
9位:ハン・リー(-10)
10位T:貞方章男(-9)他4名

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s